サマースクール

ワールド・ビジョン・サマースクールは、日本に住む子どもたちに世界の現状を知ってほしいと願い開催している子ども向けイベントです。毎年たくさんの子どもたちが、世界の友だちを大切にし、お互いに助け合い、行動する気持ちを持ったグローバル・キッズになって帰ります。

2017年に開催したサマースクールの様子

ワールド・ビジョン・サマースクール2022

昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染拡大防止および皆さまの健康、安全を考慮し、オンラインでサマースクールを開催します。従来のサマースクールで実施してきた「途上国の子どもたちの水汲み体験」のようなプログラムは残念ながら実施が叶いませんが、オンラインだからこその特性を生かし、お住まいの場所に関わらず、一人でも多くのお子様に世界に目を向ける機会を持っていただければと願っています。

今年は「世界の子どもたちとSDGsをテーマに4回開催します。皆さまのご参加をお待ちしています。  

すべてオンライン(Zoom)による配信です。Zoomの操作が難しい場合には保護者の方も一緒にご参加ください。参加費は無料です(通信にかかる費用はご負担ください)。定員は各回500名です。

1回目:7月28日(木)13:30-14:50 SDGsゴール3保健「感染症と世界の子どもたち」 小学1~6年生
2回目:8月3日(水) 10:00-11:00 SDGsゴール1貧困「世界の問題と子どもたち」 小学1~3年生
3回目:8月3日(水) 13:00-14:30 SDGsゴール1貧困「世界の問題と子どもたち」 小学4~6年生
4回目:8月5日(金) 10:00-11:30 SDGsゴール16平和と公正「子どもの権利と多様性」小学4~6年生 

1回目  テーマ:SDGsゴール3保健「感染症と世界の子どもたち」

  • 対象:小学1~6年生
  • 日時:2022年7月28日(木)13:30-14:50
  • 内容:新型コロナウイルスについて、クイズで紹介し、正しい手洗いをレクチャーします。さらにSDGsゴール3「保健」やゴール6「安全な水」について、ワールド・ビジョン・ジャパンとともに塩野義製薬株式会社が取り組む母子保健事業「Mother to Mother SHIONOGI Project」の事業地であるケニアの子どもたちの生活に目を向けます。「きれいな水はあるのかな?」など事前に参加者の皆さんからお寄せいただく質問にビデオレターでお答えします!(ケニアの子どもたちへの質問は申込をされた方に「質問フォーム」をご案内します。質問の受付は5月31日(火)正午となります。プログラムは変更になる場合があります)
  • 協力:塩野義製薬株式会社、シオノギヘルスケア株式会社
  • お寄せいただいたすべてのご質問にお答えすることはできませんのであらかじめご了承ください。
水汲みが日課のケニアに住むチャリちゃん。川から汲んできた水を大切に使います(右)
水汲みが日課のケニアに住むチャリちゃん。川から汲んできた水を大切に使います(右)
シオノギヘルスケア株式会社様による手洗いレクチャー
塩野義製薬による手洗いレクチャー

2回目 テーマ:SDGsゴール1貧困「世界の問題と子どもたち」 

  • 対象:小学1~3年生
  • 日時:2022年8月3日(水)10:00-11:00
  • 内容:安全な水や食べ物が十分にない、学校に行けない等、世界の子どもたちを取り巻く課題を写真や動画、クイズ等で学びます
貧困のため食べ物が十分になく、わずかなお粥を分け合う兄妹(コンゴ民主共和国)
貧困のため食べ物が十分になく、わずかなお粥を分け合う兄妹(コンゴ民主共和国)

3回目 テーマ:SDGsゴール1貧困「世界の問題と子どもたち」

  • 対象:小学4~6年生 
  • 日時:2022年8月3日(水)13:00-14:30
  • 内容:貧困の中に生きる子どもたちが、教育の機会を奪われたり、児童労働や人身取引、児童婚などのリスクにさらされている現状を紹介し、子どもたちの声に耳を傾けます。また、貧困とSDGsのほかのゴールとのつながりに理解を深めます
畑仕事を手伝って家族を支えるチフニロちゃん、教育を受ける権利が奪われてしまっています(マラウイ)

畑仕事を手伝って家族を支えるチフニロちゃん、教育を受ける権利が奪われてしまっています(マラウイ)


4回目 テーマ:SDGsゴール16平和と公正「子どもの権利と多様性」 

  • 対象:小学4~6年生
  • 日時:2022年8月5日(金)10:00-11:30
  • 内容:「子どもの権利条約」の理解を深め、世界に広がる権利の不平等を学び、多様性が受け入れられる公平な社会を実現するために必要なことを考えます
難民キャンプに設けられた子どもたちのための遊びと学びの場に参加するジャナちゃん(バングラデシュ)

難民キャンプに設けられた子どもたちのための遊びと学びの場に参加するジャナちゃん(バングラデシュ)


【お願いと注意事項】 

  • お申込みはご自身のお子さまのみとさせていただいております。お子さまのお友だちについては、お友だちの保護者の方から直接お申込みをいただけますようご案内ください(個人情報保護のため) 
  • お申込みは保護者の方のお名前でお願いします(参加するお子さまの人数と学年は、別途記入欄がございます) 
  • イベント中は「マイク」を「ミュート」、「カメラ」は「オン」に設定してご参加ください。
  • イベント中、Zoom画面に表示される「名前」を「はなこ 3年」(2名でご参加の場合は「たろう 1年、ひろみ 2年」)のように平仮名表記で設定してご参加ください(ニックネームでも構いません)。 
  • イベント中にZoomの「投票機能を使ってクイズに回答したり、「手をあげる」お願いをする場合があります。Zoomの操作は、保護者の方のサポートをお願いいたします。 
  • イベント中に質問やコメントは、オンライン上のチャット機能に書き込む形で受け付けます。時間の都合上、すべてのご質問にはお答えできないことを、あらかじめご了承ください。
  • 当日撮影した写真、映像を当団体が広報活動のために団体ホームページ、機関誌、年次報告書、SNS等で使用しますので予めご了承ください。 
  • メディアによる取材が入る場合がありますので予めご了承ください。 

申込締切:7月15日(金)正午 
  
参加申し込み1

申込フォームにご記入いただきましたメールアドレスにイベント1週間前に参加URLのご案内をお送りします。  

【学童や塾等で参加をご希望の場合】 
・事前に各ご家庭の保護者の皆さまから参加承諾を得ていただき、お申込みは下記メールアドレスへ
①団体名、②代表者氏名、③住所、④電話番号、⑤メールアドレス、⑥参加者数、⑦サマースクールを知ったきっかけ
のご連絡をお願いいたします。 
school@worldvision.or.jp  

皆さまのご参加をお待ちしています。 

昨年の様子をYouTubeでご覧いただけます:

2021年8月11日
「世界の子どもたち」低学年
2021年8月11日
「世界の子どもたち」高学年
2021年8月18日
「新型コロナウイルス感染症と世界の子どもたち」

夏休みの自由研究のヒントをご用意しました!

お子さまと一緒に「ワールド・ビジョン・サマースクール」で学ぶ内容を自由研究に活用しませんか。

「どのようにまとめたらいいかわからない」というお子さまのために、ヒントをご用意しました。自由研究として取り組んでいただくことにより「世界の子どもたち」や「SDGs」にさらに理解を深めていただけることを願っています。

オンライン教材をご活用ください

ワークブック「ケニアに住むチャリちゃん」(無料教材)

対象:
小学生以上
内容:ケニアに住む5歳のチャリちゃんが3時間半かけて水を汲みに行く様子や支援によってもたらされた変化を写真絵本のように紹介しています。また、皆さんが毎日の生活でどのくらい水を使っているか考えるワークや安全な水が手に入らない人の割合で色分けした世界地図などの情報も入っています。
SDGsゴール6「安全な水とトイレをすべての人に」を勉強される人にもお勧めです。
仕様:18.2cm×25.7cm、フルカラー、22ページ


SDGs子ども向け冊子(無料教材)

『私たちが目指す世界 子どものための「持続可能な開発目標(SDGs)」~2030年までの17の目標~』

対象:小学生以上
内容:SDGsについて調べ学習をする小学生や中学生にぴったりの冊子です。17のゴールについて、やさしい言葉で紹介し、専門的な言葉も解説が付いています。今世界はどのような問題に直面しているのか、そして、私たち一人ひとりの生活やより良い未来にどう関わっているのかを知り、自分にできることを考えるために役立ててください。
仕様:21cm×21cm、フルカラー、28ページ

※原作はラテンアメリカのNGO、日本語版制作はセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、監訳はワールド・ビジョン・ジャパンを含む、10のNGOや国際機関

ほかにも株式会社ポケモン様からの寄付により作成した「多様性」テーマのオンライン教材(無料)などをご用意していますので、ぜひご活用ください。
リンクほかのグローバル教育教材を見る

きみも、グローバルキッズになろう!

グローバルな視野を持つきっかけに

プログラムを通して、世界の同世代が置かれている現状に目を向け、アクションを起こすことの大切さを学びます。その学びが、グローバルな視野を持つことにつながります。

朝とは違う表情になっていた子どもたち1
朝とは違う表情になっていた子どもたち2
朝とは違う表情になっていた子どもたち3

ワールド・ビジョン・ジャパンが過去に開催したサマースクールでは、途上国の子どもたちのの生活を紹介し、実際に途上国で使っている道具で「水汲み」やアフリカの生活を疑似体験等をしています。今年のオンライン開催では、クイズやスタッフからの説明を通して、世界の子どもたちの生活を具体的に想像し、日本での日常生活が恵まれていると気づきにもつながることを願っています。

参加した子どもたちの感想(抜粋)

1番心に残ったこと
・5秒に1人も命を落としていることがわかった。
・日本とはちがって、あんなにつらいおもいをしながら、せいかつしているなんておもいませんでした。
・「世界には、色々くるしんでいる人がいて、一生けんめい、がんばっているんだなぁ」と知りました。
・自分がふつうと思ってた事が、世界では、ふつうではない事。

■世界の子どもたちについて、もっと知りたいと思ったこと
・好き、きらいはあるのか。ごはんはおいしいと思っているのかを知りたいと思った。
・世界の子どもたちの生活の中で何が一番たりないのか知りたい。
・もっとほかの国のくらしも知りたい。

アンケートに寄せられた(サマースクール参加後に寄せられた)コメント
「子どもが食事を残さなくなりました」
「私自身も救えるはずの命のためにできることを考えさせられました」
「(チャイルド・スポンサーシップで支援している)チャイルドが身近な存在になったようで、自分からチャイルドへ手紙を書くようになりました」

リンクオンラインサマースクール2021の開催報告
リンク
オンラインサマースクール2020の開催報告
リンクサマースクール2019の開催報告
リンクサマースクール2018の開催報告
リンクサマースクール2017の開催報告

よくあるご質問

Q1:参加する子どもの兄弟姉妹(対象年齢外)を一緒に参加させることはできますか?

A1:一緒にZoomをご視聴いただくことはできます。質問やコメントは、対象年齢のお子さんからのみ受け付ます。

Q2:途中参加・途中退出はできますか?

A2:体調不良等やむを得ない事情を除き、全体を通して学びを深めていただければと願っております。

Q3:保護者は、参加しなければならないのですか?

A3:お子さまのZoom操作が難しい場合には、保護者の方も一緒にご参加ください。

Q4:宿題用にZoomの画面を写真を撮ったり、スクリーンショットを取っても良いでしょうか?

A4:撮影された写真をSNS等に公開される際には、ほかのお子さまの写真や名前は掲載されませんようお願いいたします。

Q5:電話で申込みできますか?

A5:受け付けておりません。HPからの申込みをお願いいたします。

Q6:過去にも参加していますが、参加できますか?/去年と内容は同じですか?

A6:ご参加いただけます。一部、昨年と同じ内容が含まれます。

Q7:対象年齢にあてはまるすべての回に申し込んで参加することはできますか?

A7:ご参加いただけます。テーマが異なりますので、ぜひそれぞれ楽しんでいただければと思います。

お問い合わせ

サマースクールについては、こちらからお問い合わせください。

TEL: 03-5334-5351 (平日10:00~17:00)

関連ページ