危機にある子どもたちのための募金

避難した先の暮らしにも、隠れた暴力が存在します。最も大きな影響を受けるのは、弱い立場にある子どもたちです。

争いから逃れた先に待つのは、必ずしも穏やかな生活ではありません。

ミャンマーでの迫害や武力衝突から逃れ、隣国バングラデシュの難民キャンプに暮らすロヒンギャ難民。帰還の目途も立たず、キャンプという閉じられた生活領域での劣悪な暮らしで、人々の不安や苛立ちは高まっています。その矛先は時に暴力として、女性や子どもたちに向けられます。

ロヒンギャ難民とは

ミャンマー・ラカイン州に多く居住するロヒンギャは、ミャンマーとバングラデシュ双方から不法移民とみなされ、事実上の無国籍状態にあります。90万人近いロヒンギャ難民が、難民キャンプで暮らしていますが、保護責任を持つ国がなく、人道支援が不可欠です。

弱い立場にある女性や子どもたち

戦闘で夫と子どもを亡くしたサリマさんは、残されたジャナトゥルちゃんと難民キャンプで暮らしています。こうした母子世帯が3万世帯以上確認されており、弱い立場にあるために、暴力や犯罪に巻き込まれやすくなっています。

避難生活における暴力の蔓延

生計手段の乏しいキャンプで家計を支える男性の間にも、不安や苛立ちがつのり、その状況は家庭内の暴力件数増加にも現れています。被害者が公にしないことも多く、実際の暴力発生件数はさらに多いと推測されています。

先の見えない避難生活の中でも女性や子どもたちが毎日安全に過ごせるように

身を守る仕組みづくり

キャンプ内の女性や女の子たちを対象に、縫製や調理実習、対話セッション等を通じて、能力開発と仲間づくりを促進。ケースワーカーを交えて各自の問題や体験を共有し、女性同士の支え合いで心の安定や自尊心の回復を図ります。

人々の行動変容を促す活動

ジェンダー(性別)に基づく暴力予防の啓発セッションを、男女別々のグループで実施。同世帯の男女が参加した際は、各家庭で学びの共有を働きかけ、行動の変容を促します。

インフラ整備

トイレや水汲み場周辺に、防犯のための外灯を設置し維持管理を行います。また女性や女子のグループ活動や、日中の居場所、緊急時の相談ができるスペースの整備と運営を行います。

皆さまの募金により
例えばバングラデシュの難民キャンプで、次のような支援を行います

ご支援の成果がご覧になれます。
ご協力くださった皆さまには、毎年3月頃にお届けする年次報告書の中で、募金により行われた活動をご報告します。

※募金額は、上記金額に限定するものではなく任意です。金額はあくまでも目安であり、支援内容は変更となる可能性があります。募金額が記載活動の必要を満たした場合は、他に支援を必要とする人々のために役立たせていただきます。

募金は、寄付金控除等の対象となります

個人の所得税の寄付金控除について、「税額控除」と「所得控除」から有利な方を選択できます。「税額控除」を選択することにより、多くの個人のご支援者の皆さまに、より大きな金額の所得税の還付が受けられることとなります。

法人の皆さまからのご支援金は、一般の寄付金等の損金参入限度額とは別に、特別損金参入限度額の範囲内で損金参入をすることができます。詳細はこちら「寄付金控除等/領収証」をご覧ください。

寄付をする方法

ご寄付には、以下の方法がご利用いただけます。クレジットカード、ゆうちょ銀行からの払込のいずれかが選べます。

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

避難する子どもたちの安全な暮らしのために、募金にご協力ください

今すぐ寄付をする