難民支援のための募金

昔のシリアは市場に人が集まりにぎやかな街でした。でも私が知っているのは、爆撃の音と破壊される街の様子です。あるのが当たり前と思っていた家やきれいな水、友だちとの楽しい時間を失ってしまいました。

シリアの人口の7割が家を追われ、コロナ禍で子どもたちの健康や教育の機会も失われています。

危機前のシリアでは、教育・医療は無償で初等教育の就学率は95%を超え、経済や文化の中心として、多くの人々の往来がありました。しかし、10年を超える紛争で、多くのものが破壊され、子どもたちへの深刻な影響が顕在化しています。

病気・栄養不良

テントや廃墟での避難生活を余儀なくされ、衛生環境の悪さから感染症にかかりやすい状況にあります。 避難民居住地では石けん・消毒液の不足率は73%。こまめな手洗いも簡単ではありません。

教育機会の損失

街や学校が破壊され、避難先からは通える学校がない、収入が乏しく教育に回す余裕がない等の理由で、学校に行けない子どもたちがいます。 シリア国内の子どもの2/3(240万人)が学校に通えていません。

児童労働・児童婚・搾取

児童労働や、幼いうちに結婚させる等のケースが増えています。避難民居住地での平均的な世帯収入は、1カ月約6700円で、子どもたちへの搾取には、避難民世帯が収入を得る機会が乏しく、経済的な困窮が一因になっています。

戦火を逃れた子どもたちの健康を守り
将来の夢を描けるように

命を守る

医療体制が十分ではない難民・避難民居住地では病気予防のため衛生環境を保つことが重要です。水道設備のない所に、安全な水や石けん等を提供します

命を守る

安全な水や石けんの提供と合わせて、入念な手洗いの実践方法等、感染症予防の啓発を行います

未来を築く

学びの機会を失った子どもたちに、補習授業やコロナ禍での遠隔授業等、学び続けられる体制を整えます。校外活動では各自の得意分野を伸ばす試みを始めています

皆さまの募金により
例えば次のような支援を行うことができます

ご支援の成果がご覧になれます。
ご協力くださった皆さまには、毎年3月頃にお届けする年次報告書の中で、募金により行われた活動をご報告します。

※募金額は、上記金額に限定するものではなく任意です。金額はあくまでも目安であり、支援内容は変更となる可能性があります。募金額が記載活動の必要を満たした場合は、他に支援を必要とする人々のために役立たせていただきます。

恐怖の中にある子どもたちを、継続的に支えるため

終わりの見えない紛争や自然災害、感染症の大流行等、様々な恐怖の中で暮らす子どもたちがいます。毎月1,000円からのご寄付で、子どもたちが今、必要とする支援と将来への希望を届けることができます。

募金は、寄付金控除等の対象となります

個人の所得税の寄付金控除について、「税額控除」と「所得控除」から有利な方を選択できます。「税額控除」を選択することにより、多くの個人のご支援者の皆さまに、より大きな金額の所得税の還付が受けられることとなります。

法人の皆さまからのご支援金は、一般の寄付金等の損金参入限度額とは別に、特別損金参入限度額の範囲内で損金参入をすることができます。詳細はこちら「寄付金控除等/領収証」をご覧ください。

寄付をする方法

ご寄付には、以下の方法がご利用いただけます。クレジットカード、ゆうちょ銀行からの払込のいずれかが選べます。

メールでのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

紛争により家を追われ、生活が一変した子どもたちに難民支援募金にご協力ください。

今すぐ寄付をする