【6/13(木)イベント開催】紛争下で子どもたちはどう学ぶか ~シリア避難民ルシャドさんを迎えて~

紛争下でも学ぶことを諦めず、今の人生を切り拓いているルシャドさんから、勇気をもらえる話を聞いてみませんか?

イベントに参加する(オンライン/会場)

紛争の影響下で避難する子ども4330万人。その半数は教育機会を奪われています

シリア、南スーダン、ウクライナ...今も各地で、終わりの見えない紛争が続いています。

かつて中東シリアは、教育費や医療費は原則無償で、多くの人の往来があり文化水準の高い国でした。
しかし、東日本大震災と同じ2011年3月にシリア危機が発生し、穏やかな暮らしが一変しました。

すでに13年が経過した今も、シリア国内に720万人、国外に505万人(24年2月,UNHCR)が家を追われ、避難生活を送っています。そして240万人以上の子どもたちが、学校に通えず(24年3月、ユニセフ)、と報告されています。

このたび、シリアからの避難民、ルシャドさん(日本在住)を招き、シリア危機前後の生活、また現在に至るまでの経験についてお話をお伺いします。紛争の影響下でどのように学び続け、スキルを身につけて、今に至っているのか、ご本人の実体験を聞ける貴重な機会です。
ルシャドさんから、学びを通じて人生を切り拓くためのヒントと勇気をもらってみませんか?

当日は、ワールド・ビジョン・ジャパンの事務所(東京都中野区)でもご参加いただけます(定員20名)
オンラインで、また事務所で、多くの皆さまとお目にかかるのを楽しみにしております。

ワールド・ビジョンでは、日本の皆さまからのご寄付を活用し、国連機関や日本政府等、多様なパートナーと連携して、紛争や自然災害等の影響下での教育支援、避難生活を支える現金給付等、多岐にわたる緊急人道支援を進めています。

今世界で何が起きているのかを知り、今できることを、皆さまとともに考えるひと時になればと願っております。

イベント概要

日時:2024年6月13日(木)19:00~20:00

内容:紛争下の避難生活、教育についてのインタビュー、及びワールド・ビジョンが実施する危機下の教育支援について。※特別ゲストとの対談形式。皆さまからのQAタイムも予定しています。

場所:オンライン配信 / ワールド・ビジョンオフィス(先着20名)同時開催

紛争下でも学ぶことを諦めず、今の人生を切り拓いているルシャドさんから、勇気をもらえる話を聞いてみませんか?

イベントに参加する(オンライン/会場)

登壇者

特別ゲスト:ルシャド・アサド

シリア出身。大学入学まもなくシリア危機が発生し、学びの中断を経験。危機から数年後、難民としてトルコへ避難する。厳しい避難生活のなか、生計をたてるために様々な仕事を経験。その後、日本の大学の奨学金を得て来日。情報科学を専攻。この4月に卒業後、現在はスキルを活かして、日本企業のインターンとして、オンラインゲーム制作のプログラミングに従事。

聞き手:松尾朋美
マーケティング第2部 サービス開発課

上智大学外国語学部イスパニア語学科卒。通信系の民間企業を経て、在東京の大使館で情報発信等に従事。その後、途上国や難民支援の国際NGOでの勤務を経て、2018年にワールド・ビジョン・ジャパンに入団。サービス開発課で、オンラインイベントの企画立案・実装他、マーケティング業務を担当。

紛争下でも学ぶことを諦めず、今の人生を切り拓いているルシャドさんから、勇気をもらえる話を聞いてみませんか?

イベントに参加する(オンライン/会場)