【2月22日インスタライブ開催】教えて、安藤先生。女子教育はなぜダイジ?

(2023.12.28)(2024.01.27更新)

【お詫び】本インスタライブは1月25日に開催予定とご案内していましたが、2月22日に変更いたします。楽しみにしてくださっていた皆さま、申し訳ございません。1月25日には災害時の「子ども支援」をテーマにインスタライブを開催しました。(2024.01.10加筆、2024.01.27更新)

女子教育はなぜダイジなのか

「女子教育への投資が世界の繁栄と安定を助け、皆に恩恵をもたらす」
これは2014年にノーベル平和賞を受賞した、マララ・ユスフザイさんの言葉です。

世界には学校(小学校・中学校・高校)に通うことができない女の子が約1億2900万人います。今の日本では、性別にかかわらず子どもたちが小学校・中学校に通うことができています。それでもなお、日本で「女子教育」が重要な意味を持つのはなぜなのか。

ワールド・ビジョン・ジャパンの理事であり、玉川聖学院中等部・高等部学院長でいらっしゃる安藤理恵子先生にお話をうかがいます!

「女子教育がダイジ」と聞いてピンとくる方はもちろん、ピンとこない方にも(むしろピンとこない方にこそ!)安藤先生の快活なトークをお楽しみいただければ、と願っています。

皆さまからのご質問にもお答えします。
インスタライブ中のコメント書き込みで質問いただけるのに加え、事前にSNSを通して安藤先生への質問を受け付けています!

ケニアの学校で学ぶ少女
ケニアの学校で学ぶ少女

イベント概要

日時:2024年2月22日(木)19:00~19:30(20:00まで延長の可能性あり)
内容:
なぜ日本で「女子教育」が重要なのか、安藤理恵子先生にお話をうかがいます。
※インタビュー形式。皆さまからのQAタイムも予定しています。


場所:オンライン
参加費:無料(通信にかかる費用はご負担ください)
参加方法:Instagramのワールド・ビジョン・ジャパンのアカウント(@worldvisionjapan外部リンク)をフォローし、開催時間にお集まりください

※本イベントの録画動画を配信後にYouTubeからご覧いただくことができます。

今後、ほかのテーマでのインスタライブも実施していく予定ですので、どうぞご期待ください!

WVJスタッフと交流する安藤先生 (2023年6月)
WVJスタッフと交流する安藤先生 (2023年6月)

登壇者

スピーカー:安藤 理恵子 玉川聖学院中等部・高等部 学院長

宮城県仙台市生まれ。東京大学文学部倫理学科卒業。アバディーン大学神学修士。キリスト者学生会(KGK)にて20年間勤務。2013年より玉川聖学院学院長。日本神の教会連盟練馬神の教会牧師。ワールド・ビジョン・ジャパン理事。キリスト教学校教育同盟理事。
著書「いまを生きるあなたへ 神に招かれて」いのちのことば社

安藤理恵子先生

聞き手:與十田よそだ 喜絵 マーケティング第1部 ソーシャルリレーションチーム

東京都立国際高校卒業(4期生)。津田塾大学 学芸学部国際関係学科卒業。IT企業勤務を経て、2006年6月にワールド・ビジョン・ジャパン入団。ファンドレイジング担当、支援者サービス担当、広報担当を経て2023年5月からソーシャルリレーションチームでホームページやSNS、イベント等を担当。
リンク與十田スタッフの活動ブログを読む

與十田喜絵スタッフ

聞き手:浜崎 直樹 マーケティング第1部 ソーシャルリレーションチーム

マレーシアAsia Pacific Universityから英国Staffordshire University へ編入しプロダクトデザイン科を卒業。卒業後は日本でアプリやウェブのデザイン、企業のブランディングデザインに従事した。2023年5月にワールド・ビジョン・ジャパン入団。マーケティング第1部ソーシャルリレーションチームにてデジタルコンテンツ関連を担当。

浜崎直樹スタッフ

関連リンク