【スタッフ募集】アフリカ地域開発援助事業担当プログラム・コーディネーター(契約職員)

ポジションについて

WVJでは外務省、国際機関、企業や個人ドナーからお預かりした助成金・委託金、募金などにより、30カ国以上で支援事業を実施しています。 その中で、アジア・アフリカ・中南米地域で実施している事業や、チャイルド・スポンサーシップにより実施している地域開発プログラム【Area Programme = "AP"】について、プログラム・コーディネーターとして日本側で事業管理を担当いただく方を募集しています。

まずは現在WVJが実施している事業の管理がメイン業務となりますが、併せて新しい助成金の獲得、事業企画・形成もお任せしたいと考えています。



業務内容


1. 実施中事業の事業管理

現在事業を実施している8カ国(エチオピア・ケニア・ウガンダ・タンザニア・ルワンダ・コンゴ民主共和国・エスワティニ・ガーナ)のうち、数カ国を担当し、担当国の開発援助事業および人道支援事業ついて、進捗・予実管理、申請書・報告書作成、監査対応など、一連の事業管理業務を担当いただきます。

WVJスタッフ(事業担当者、現地に駐在するプロジェクト・マネージャー、会計担当)だけでなく、セクター専門家、現地ワールド・ビジョン(WV)事務所スタッフ、日本・現地両国政府や行政関係者など、多くのステークホルダーと調整・折衝を行い、連携しながら円滑な事業実施をリードしてください。



2.新規事業形成

新規グラント獲得のための情報収集・分析、新しい開発援助事業の企画・形成などを担当いただきます。

★実施事業のモニタリング、新規事業形成のため担当国へ出張し、現場の活動に対する理解・現地スタッフとの連携を深めていただきます。

3.その他

  ご支援者や外務省等のドナーに対し、現場の情報や事業の成果を報告・発表し、ファンドレイジングや対外発信にも取り組ん  
  でいただくことを期待しています。




配属チーム

開発事業第3課

  • 課長1名、フルタイムスタッフ5名(うち1名は海外駐在中)、計6名のチームです。

応募資格等

【必須】
☆以下についてはいずれも必須となります;

  • 心身ともに健康で、人道支援現場を含む途上国への単身出張(想定:3-4回/年、2週間-1カ月/回程度)ができること(出張については新型コロナウイルス感染症状況等を考慮し決定します)

  • 母語レベルの日本語力、TOEFLiBT94点程度以上の英語力があること(語学試験の受験歴がある場合は、履歴書に点数を明記してください。取得時期不問・証明書添付不要)
  • 学士号を取得していること
  • 内定後1-2カ月以内に勤務開始可能なこと


【歓迎】

  • グラント事業管理経験(形成・申請・管理・報告書作成)
  • 途上国での支援事業マネジメント経験
  • 開発学等、本ポジションに関連する学位、特に修士号があること
  • 将来的に人道支援の現場を含む途上国への長期駐在(1-3年程度)勤務が可能なこと


【求める人物像】
  • さまざまな文化的背景を持つスタッフと協力しながら目標達成のためにチームワークできる方

  • 途上国支援事業のプロジェクト・マネジメントスキルを向上させたい方
  • 明確な答えのない課題に対し、解決に向かって根気強く向き合うことができる方
  • 自分の意見や考えを持つと同時に、相手の意見を尊重できる方



応募締切日

随時選考を実施し、適任者が決定次第応募受付を終了します

※プログラム・コーディネーターとしてご応募いただいた場合でも、選考の過程でジュニア・プログラム・コーディネーター(JPC)をご案内する可能性があります。



選考スケジュール

書類選考→筆記試験→一次面接(オンライン)→二次面接(対面)


労働条件・応募書類送付先等

こちらからご確認ください。


※本採用情報は、非営利セクターで働いている方、働きたい方の「キャリア」や「学習」を応援するWEBメディア「FunDio(ファンディオ)」にも掲載協力をいただいています。